不動産の査定方法はいろいろある

費用はいくらかかるのでしょうか

不動産 査定不動産一括査定ランキング【相続した実家・空き家の売却・家の買い換え】

このように不動産会社に依頼した場合は、取引事例比較法か原価法が主に使用され、収益用不動産だと、収益還元法が使用されると覚えておくとよいでしょう。
では依頼した場合は、費用はいくらかかるのでしょうか。
実は不動産会社に依頼した場合は基本的に無料です。
ただし鑑定士に依頼した場合は有料になりますので注意が必要です。
不動産鑑定士は国家資格を所有しており、鑑定を有料でやっています。
しかし鑑定士がするのはあくまでも「鑑定」なのです。
一体この二つはどのような違いがあるのでしょうか。
鑑定とは鑑定評価基準に則って行う評価であり、査定は過去の取引実績と景況をもとに算出した評価のことです。
基本的に鑑定士に鑑定してもらったほうがその物件の価格が、安く見積もられてしまいがちです。
ですから個人の家を売却するときはそこまでする必要はないのかもしれません。
このように家の売却を考えているときは、まず信頼できる業者を見つけることから始めるのが良いでしょう。
そして無料で家の価格を決めてもらい、その金額に納得出来たら売却するということになります。

有限会社いなべ総合不動産です。


住宅用地や農地山林などの活用、相続財産や空家空地などの整理にお困りな不動産がございましたらお気軽にご相談下さい。

相談無料及び査定無料でお伺い致します。
#三重県 #北勢地域 #桑員地域 #いなべ市

— 有限会社いなべ総合不動産-小林事務所グループ (@inabe_fudousan) 2018年9月16日

「原価法」と「収益還元法」主に個人の住宅に使用されるのは取引事例比較法や原価法が多い費用はいくらかかるのでしょうか