不動産の査定方法はいろいろある

「原価法」と「収益還元法」

土地や一戸建て住宅、あるいはマンションなどを売却したいときはまず、業者に頼んでその物件を査定してもらわなくてはなりません。
しかし査定と一言で言っても方法は実はいろいろあるのです。
つまり物件により方法もさまざまあるということなのです。
ではどのような方法があるのでしょうか。
いちばんよく行われている方法としては「原価法」という計算方式です。
これはその建物の現時点で新築した場合の価格から、築年数に応じた減価償却の修正を行って価格を求める方法のことです。
つまり簡単に言うと新築の時からどれくらい価値が落ちたかによって、価格が決められるわけです。
もう一つの方法は、「収益還元法」と言われる方法です。
1年間の収益を利回りで割る「直接還元法」と、一定の投資期間から得られる収益と、一定期間の後の物件価格を予測して合わせる「DCF法」と二つあります。
この方法は主に収益物件を査定するときに用いられるもので、その建物が生み出す家賃収入から価格を判断するという物です。
それ以外にも「取引事例比較法」という方法もあります。
これは査定する建物と条件が似通っている物件の成約事例を探して、売買が行われた時期や立地の違い、その他に物件の個性などを比較して価格を決定する方法です。

「原価法」と「収益還元法」主に個人の住宅に使用されるのは取引事例比較法や原価法が多い費用はいくらかかるのでしょうか

不動産 査定 | 不動産一括査定ランキング【相続した実家・空き家の売却・家の買い換え】